←Back


認知症や知的障害などの精神上の障害により、判断能力が不十分な方々を保護、支援するための制度です。

任意後見
 判断能力がある内に、任意後見人を選び任意後見契約を締結する → 判断能力が不十分な状況になったら、家庭裁判所へ任意後見監督人の選任を申立てる  → 後見開始 → 判断能力が不十分な方々の生活・療養看護・財産管理などの保護、支援を行います 

法定後見
 家庭裁判所へ後見人などの選任を申立てる → 成年後見人・保佐人・補助人の選任 → 後見開始 → 判断能力が不十分な方々の生活・療養看護・財産管 理などの保護、支援を行います

上記成年後見に関する情報は
千葉県行政書士会発行のパンフレットより記載しています