←Back

自動車を保有したり、貨物や人を運送する事業を始めるには、許認可等の申請手続が必要です。

1.自動車保管場所証明書(車庫証明)

 【自動車保管場所証明書(車庫証明)について


 自動車保管場所証明書(いわゆる車庫証明)とは、自動車を購入などした場合に、その自動車を保管(駐車)する場所を届け出る手続き(証明書)のことを言います。
 手順は以下のようになります。
  1.最寄の警察署に行き4枚綴りになっている「自動車保管場所証明申請書」、「保管場所使用承諾証明書」(駐車場を借りる場合)、「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」(自己所有の敷地とする場合)、「保管場所の所在地・配置図」を入手します。
  2.自動車保管場所証明申請書に車検証に記載の内容を確認しながら「車名」、「型式」、「車台番号」、「自動車の大きさ」、「自動車の使用の本拠の位 置」(アパートやマンションの場合は部屋番号まで記入)、「自動車の保管場所の位置」(マンション等で部屋の前に駐車スペースがある場合には、部屋番号は 記入せず敷地の住所までを記入)、「保管場所標章番号」(備考に記載されている条件に合致する場合は記入することで配置図等の提出を省略できる場合があり ます)、自動車を買い替える場合には「代替車登録番号」「車台番号」も記入、「申請者」欄には所有者(車庫証明を申請する車両の所有者となる人)の情報を 記入し捺印します。(申請の日付は申請当日の日を記入します)
  3−1.保管場所使用承諾書に、保管場所の位置(2に記載の通り)、保管場所の使用者(2に記載の通り)、使用期間(1年より短い期間の場合はその期 間、1年以上の場合は開始日と1年後の日付を記入)を記入し、貸し駐車場の所有者等の権限のある人の記名捺印をもらいます。
  3−2.保管場所使用権原疎明書面(自認書)の場合は、ご自身の情報を記入します。
  4.保管場所の所在地・配置図に2で記載した本拠の位置と保管場所の位置が分かるよう所在図記載欄に地図を記入(市販の地図のコピー等でも可、本拠の 位置と保管場所の位置は2キロ以内である必要があります。)、配置図記載欄に実際に車を置く場所の位置関係が分かるよう(貸し駐車場の場合はその中のどの 場所なのか分かるよう)に記載します。
  5.以上が用意できた後、管轄の警察署へ申請し、「車庫証明・標章交付引替票」を受け取ります。申請の費用は千葉の場合は2200円(証紙を購入)です。(申請する警察署でご確認ください)
  6.特に問題がなければ平日の日数で4日程度で交付されます。受け取りの際千葉の場合は550円(証紙を購入)必要になります。
  7.また、証明書の有効期間は1ヶ月ですので、引き続き車両の登録や名義変更を行う場合はその日に合わせて申請を行う必要があります。
  ※ 証紙の金額は千葉県のものですので、他の都道府県では多少違う場合がありますので、別途確認が必要です。

平成25年12月9日 追記
 警察庁通達により、行政書士であっても自動車保管場所証明書(車庫証明)等の代理作成、提出に際しては委任状が必要となります。
 行政書士(代理人)へ依頼される場合には、依頼する行政書士に委任状の確認を行ってください。

上記【自動車保管場所証明書(車庫証明)について】に関する情報提供は
ユアサイド行政書士法務事務所 八巻 章 行政書士


2.特殊車両通行許可申請

 【特殊車両通行許可 電子申請における電子認証について】

 2012年5月23日(水)午前9時30分から電子証明書に代えて、申請者IDとパシワードで特殊車両通行許可のオンライン申請ができるようになりました。

 上記
【特殊車両通行許可 電子申請における電子認証について】に関する情報提供は
 シグナス行政書士事務所 高坂 信貴 行政書士


自動車登録・封印代行
貨物自動車運送事業・倉庫業
旅客自動車運送事業
貨物・軽貨物運送取扱事業
タクシー事業
運転代行・回送運行業
廃自動車解体処理業
産業廃棄物収集・運搬業